Nangaのダウンシュラフ修理にめっちゃ時間がかかった!

ナンガからお届け物がきました。

中身はこちら。

オーロラ450DX。3ヶ月ほど前に破れを発見して修理に送ったものでした。

その時の記事はこちら

NANGAよお前もか・・・

破れてた箇所はこんな感じ。

しっかり縫い付けられてダウン漏れは無くなってました。

これでまた安心して使えます。

・・・・しかしこの修理、まさかの長期戦となりました。

10月頭にお問い合わせして修理完了までまるっと2ヶ月かかりました。

別になにか揉めたとかそういう話ではないんです。

修理が困難だったわけでもありません。

なんに時間がかかったかというと・・・とにかくWEBのお問い合わせに対するレスポンスが悪い・・・というか結果的に一度もメールで返信が帰ってこなかった(汗)

・・・や、私も悪いんです。

私がお問い合わせをしたWEBフォームはこちら。

お問い合わせ(入力ページ)| ナンガ

普通にナンガ公式サイトのメインメニューにあるコンタクトページなのですが、よく見ると、上に「修理ご依頼フォーム」という別ページへの誘導があります。

私、それに気づかなかったんです。

そのまま通常のフォームで「シュラフの修理をお願いしたいのですが、手続きについてお教えください」という内容でお問い合わせをしました。

すぐに自動応答の「受付完了しました」メールが届いたのですが・・・そこから1週間ほど音沙汰なし。

タイミングが悪かったのかなと自動応答メールに記載してあったメールに直接お問い合わせ。

それも返信なし。

返信がスパムメールに振り分けられてるんじゃないかと色々確認しても問題なし。

結局ひと月ほど待っても返信なしだったので、直接電話。

するとすごく素朴な感じの方が出て、「お問い合わせ?届いてませんね〜?メール?それも届いてませんね〜?修理?修理であれば修理場所をわかるようにして送って頂ければ大丈夫ですよ」とのこと。

うーん・・・と思いつつ指示通り送付。

そしたらそこからまた3週間ほど音沙汰なし。

もしかして全然違う場所に送ってしまったんじゃないかとの不安が募り、懲りずにまたお問い合わせフォームで送った旨を送信。が・・・返信なし(汗)

もう一度電話しようとWEBを確認してると上のコンタクトページに「修理ご依頼フォーム」の別リンクがあることにはじめて気づき、そちらに必要事項と3週間前に送った旨を記載して送信。

すると翌日「遅くなって申し訳ない!送りました!」という電話が掛かってきて次の日にはすぐ届きました(笑)

なんか・・・長かった。

いやナンガ・・・長かった。

自然破損(?)なので修理費用は無料でした(往復の送料は3千円ほどかかりました)。

めっちゃありがたい永久保証制度ですが、なんとなくちゃんと運用が回ってるのか不安になる感じではありました。

・・・いや。やっぱり私が最初に「修理ご依頼フォーム」に気づいていればこんな時間はかからなかったのかな。

次回はちゃんと読むよう気をつけます。

サポートでメーカーの印象は変わるよね・・・と思ったらミニ太クリックで応援お願いします!

Nangaのダウンシュラフ修理にめっちゃ時間がかかった!” への2件のフィードバック

  1. あら?3ヶ月もかかったんだ!!

    我が家のナンガは2週間ほどと言いつつ、8日間で戻って来たよ!!

    ナンガは電話でやり取りのほうがタイムリーに反応してくれるのかも。

    でも、我が家の場合は本人過失でも無償保障。

    ありがたいと思いました!!

    1. 普通そのくらいで完了するものだと思います。
      うちの場合はただただNANGAと連絡が取れなかったというところで止まってましたから・・・

      多分ですが、修理お問い合わせフォームちゃんとしてるのですが、通常のフォームは運用が回ってないんだと思います。

      無償修理はありがたいですよね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA