小学生最後のキャンプはキャンプアンドキャビンズでした(2)

その(1)の続き。
朝。
今日はあれをやります。

ドン!
家で下ごしらえしてきた豚バラ肉1.5キロ!
そう、炙り肉です。

薪は昨日木の木で買ってきた堅木三束。

いつもは手作りトライポッドにぶら下げるんですが、今回はロープを渡して吊るします。
こっちの方が倒す心配ないしね。

下の金具はいつも通り。

早速焚き火開始。
ちなみにこの時点で朝6時です。

ドドン!
肉入りました!
ここから8〜9時間頑張ります。

あまりガンガンには燃やしません。

日中風が強い予報だったので陣幕代わりにペンタを張りました。
壁があるとかなり違いますね。

普通の焚き火だとウッとなりそうな煙も炙り肉だと香りづけになるので火さえ消えなければ気にしません。

炙り肉ではS字フックが大活躍します。
肉を吊ったり、高さ調整したり。

時折ひっくり返します。
この時点で10時くらい。

待ってる間下の子とスラックラインの練習。
あと散歩したり。

あー、今日はビンゴないのかぁ。

池の周りに壁ができてる。事故防止かな?

水が気持ちいいね。

お、これが新しいキャビン。「語らい」

これまた立派な暖炉を手作りしてますね・・・
今回のはかなりよく燃えるようになる予定だとか。
おっと炙り肉。

だいぶいい感じですがお昼には間に合わないので横でチキンを炙ります。

市販のもも肉くらいであればちっちゃいので1時間ほどで出来上がり。

皮の弾力がいいんですよね。

インスタントカレーにトッピングしていただきました。
うーまーいー。
食後も炙りは続きます。

肉の前で読書したり。

ハンモックでゲームしたり。
上の子に火の番を任せて明日の朝食を買い出し。

いつものベーグルクーボーです。

いつも閉店間際しか来れないので、今回は余裕で店内チェック。

雑貨も素敵。
チョコ好きな我家はチョコ多め・・・というかあるだけ確保。
たまたまこのブログをご存じの方が来られてて、そんな恥ずかしいところをお見せしました(汗)

お、炙りもかなり佳境に近づいてる。

今回初めて巻物チケットのコーヒー頼んでみました。

折角なのでデザートも準備。

いちごプリン。
間違いなくうまいよね。

よ、よーし、午後3時。9時間炙りました。
これで完成!

いい感じです。
カットすると・・・・

う〜ま〜そ〜。
子ども達が見てないのでこっそりつまみ食い。
ふふふふふ・・・
(3) へ続く。

“小学生最後のキャンプはキャンプアンドキャビンズでした(2)” への 2 件のフィードバック

  1. これはヤバい!美味しそすぎる(>_<)
    結構長い時間炙るんですね!
    なるほどなるほど。
    ちなみに燃やす木によって香りやら何やら変わってくるものなんですかね?
    今度やってみたいなんて思いますが、完成しても正解がわからないw

    1. > からしさん
      我家は焚き火サイトが取れたら炙りと決めてます(笑)
      そうなんですよ、長時間あぶる感じがなんとも言えずいいんですよ!
      多分桜の木とかであぶれたら最高に幸せな炙り肉ができそうですが、なかなか手に入りませんね〜。
      正解を決めるのは貴方です(何のこと)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA