Rab受難

私のお気に入りアウトドアウェアブランドは「Rab」。
イギリスのメーカーらしい細めのシルエットがお気に入りです。
patagoniaだとSサイズがぶかぶかで、XSだとスッキリ着れるけど丈が短いという胴長の私には微妙な難しさがあるのですが、RabはSサイズで概ねちょうど良いです。
あ、ジャケット系は袖が長いです。これはもう海外メーカーの日本人向けじゃない製品は仕方ないですね。

これは「Rab BoulderJacket」ポーラテックのサーマルプロを使った暖かいフリースです。
patagoniaで言えばR3ジャケットに相当します。
さわり心地もふんわりで滑らか。
毛玉になったり団子になったりもしません。
ところが先日、袖のところの表面をいつの間にかストーブか何かで溶かしてました。
いつの間にか一部分だけゴワゴワになってて大ショック。
・・・でもまぁ、触らなければ見た感じわからないし気にすまいと思ってました。
でも今朝気づいたんですが、その傷んだ部分は毛玉がすごく出るようになってました。

こんな感じ。

反対側はこんな感じで滑らかで毛玉の毛の字もないのですが・・・
うーむ。
冬キャンプで同じようなフリースを着てる方も多いと思いますが、焼かないように気をつけてくださいね。
・・・で、あと一つ。

これはRabのダウンなんですが・・・先日屋台で唐揚げ食べた時にいつの間にか油が垂れてシミになってました。
子どもかっ!
・・・なんだか大の大人が恥ずかしい。
うーむ。
MITSUさんみたいに山でカッコよく着こなしてる方も居るのにホント申し訳ない・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA