snowpeakの新しいストーブ「Takudo Stove」

snowpeak2017年新製品の新しいストーブ、めっちゃ気になりますよね。
フジカっぽい見た目。コンパクトそうなサイズ感。
情報を求めて色々調べてみました。

・・・そしてオンラインストアの商品ページを発見!
まだ公式サイトからは辿れない感じですね。

そんなわけでスノーピークのレインボーストーブとフジカと比較してみます。

仕様比較

タクードストーブ

26255_main

種類 石油コンロ しん式:煮炊き用
点火方式 点火棒(マッチ等)による
使用燃料 灯油(JIS1号)
出力 2.15kw(1,800kcal/h相当)
油タンク容量 3.1l
燃焼継続時間 約15時間
外形寸法 380×380×340(h)mm
重量 6kg
しん(種類) 普通筒しん
しん(呼び寸法) 内径105mm 厚さ3.2mm 吸上量200%
安全装置 対振自動消火装置(しん降下式)

レインボーストーブ

14598_main

種類 自然通気型開放式石油ストーブ/しん式:自然対流型
点火方式 電池点火(単二型乾電池2個:別売)
使用燃料 灯油(JIS1号)
最大燃料消費量 2.5kW
暖房出力 2.5kW
油タンク容量 4.9L
燃料消費量 0.243L/h
燃焼継続時間 約20時間
外形寸法(置台含む) 幅388mm 奥行388mm 高さ485.7mm
質量 約6.2kg
しん(種類) 耐熱普通筒しん
しん(呼び寸法) 内径65mm 厚さ2.5mm 吸上量200%
安全装置 対震自動消火装置(しん降下式)

フジカハイペット

fujika

種類 自然通気型開放式石油ストーブ/しん式:自然対流型
点火方式 マッチおよびガスライターによって点火
使用燃料 灯油(JIS1号)
暖房出力 2.5kW(2,150kcal/h相当)
油タンク容量 約3.6L(Max:4.1L)
燃料消費量 0.26L/h
燃焼継続時間 10~12時間
外形寸法 幅310mm 奥行310mm 高さ432mm(上部クラウンサポータ直径:318mm)
質量 約5.5kg
しん(種類) 普通筒しん
しん(呼び寸法) 内径95mm 厚さ2.2mm 吸上量150%
安全装置 対震自動消火装置

考察

基本的には煮炊きのできないレインボーストーブに変わって、煮炊き専用のストーブとして作られてるようですね。
出力はちょっと低め。
大きさは高さはかなりコンパクト。
でも幅は意外と大きい。

多分暖房としても使えますが、燃焼筒は金属で赤熱部分もないので多分そんなに暖かくない。
あとシェルター内でのレインボーストーブとの併用は禁止みたい。

うーん。どうだろう?

どういう層に売ろうとしてるのかいまいちよくわからないような・・・

結局は武井があっタケイのか・・・

ちょっと期待はずれかも・・・と思ったらミニ太クリックで応援お願いします!

画像・資料引用 : snowpeak

“snowpeakの新しいストーブ「Takudo Stove」” への 6 件のフィードバック

  1. ちょうど最近、石油ストーブが欲しいなー、と思っていたところです。家でガス暖房のサブ機として使えて、あわよくばキャンプにも。ナイスタイミング!と思いきや、2017年4月発売なんて冬が終わってるし。やっぱり暖房器具じゃなくて調理器具なんですかね。それに、1,800kcal/hはちょっと弱いかしら。あ、でも、ソロ幕でぼっちキャンプなら十分か。おい。

    1. あ、Bociさんこんにちは!やっぱ愛(i)があったほうが良いですね。愛が(笑)

      ページを見る限り、カテゴリーが調理器具ではいのでやはり暖房はそれなりに意識してる気がします。
      そもそもあえて灯油専用の調理器具出す意味があまりなさそうですし。

      武井をIGTで守って暖房兼調理具として使ってるケースをスノピなりに解釈した結果だったりするのかなとは思うのですが・・・

      それにしても新しいハンドルネームは示唆に富む・・・いや機知に富む?そんな名前で素敵です(笑)

    1. 見た目のコンパクトなフジカっぽさは遂に来たか感があってよかったのですが・・・どうなんでしょう?
      何狙いなんでしょう?

      IGT持たないので単品で使うなら幅と奥行がもっと小さいと嬉しいです。

    1. あれは次の記事ネタに格上げです!
      愛はあるケド愛のムチもあるドSな感じです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA