オタク層を狙い撃ち。トンネルテント「OUMU」発売決定!

デンマーク発のテントブランド、ROVENSより本日限定で日本市場を見据えた新型のテントを発売するそうです。

ツールーム型のトンネルテント 「OUMU」

ROVENSでは以前より窓・スカート付きのトンネルテントという秋冬キャンプに適した仕様のテントを発売しており、一部のキャンパーに好評を博しています。

ただ、近年欧州トレンドに合わせた変更が加えられ、スカートは縫い付けられたフロアになるなど日本人好みの仕様から少し離れつつありました。

同じトンネル型テント「REISA」を発売しているNORDISKでは人気のベージュカラーを再販するなど日本のマーケットに訴求する展開をしており、危機感を感じたROVENS日本正規代理店の働きかけで、急遽日本を代表する層を狙った商品を発売することとなったようです。

その日本を代表する層とは・・・「オタク」

「ゆるキャン△」のヒットでオタク層を中心に爆発的なキャンプブームが巻き起こっており、これからはキャンプ業界でもオタクに訴求する商品が伸びるという判断とのこと。

この「OUMU」は日本のオタク文化を象徴するアニメ作家・宮崎駿氏の「風の谷のナウシカ」に登場する腐海の生物、「王蟲」を模したデザイン。

広く配置された12個の窓はサイドは視界を、上部は光を取り込むのに最適な配置となっています。

森の中に佇む「OUMU」

キャンプ場が一気に腐海感溢れる空間になります。

また、これに合わせて超寒色(青)と超暖色(赤)を切り替えられるLEDライトも発売。夜「OUMU」内でそれを灯すことで王蟲の「平常心と怒り」を表すことが可能。

ライトアップ効果だけでなく、ムーディーな雰囲気を演出する実用的なライトとして利用できるそうです。

わが家では以前より「ナウシカのコスプレをしてキャンプ」や、「キャンプでは漫画を最低10冊読む」などストイックなオタク生活をしておりましたので、まさにうってつけのテントとなります。

もちろん販売開始と同時に速攻で購入しました。

張るのが楽しみです!

一億総オタク時代にふさわしいテントだ!・・・と思ったらミニ太クリックで応援お願いします!

※注
これはエイプリルフールのネタ記事です。くれぐれもメーカーにお問い合わせ等されないようによろしくお願いいたします。

オタク層を狙い撃ち。トンネルテント「OUMU」発売決定!” への6件のフィードバック

  1. 私も実は、ずっとコレ狙ってたので、
    速攻ポチりました。
    いや~・・・張った時の腐海感?たまりませんよね(><)

    この幕で出るときは、必ず巨神兵型寝袋です!

    1. ジュウシンさんも狙ってましたか!
      いや〜今度キャンプ場で並べて「怒りに我を忘れて暴走する王蟲」ごっこしましょう!!

  2. いや〜、流石の超絶クオリティ。

    私は去年のスノピ版クラブマンを30年ローンで買いました。
    急ブレーキかけるとローチェアの場所が動くのが悩みです(爆)

    1. 30年ローン長すぎる(笑)

      壊れたローチェア固定金具は交換してもらいましょう。
      スノーピークの永久保証で無料修理ですよ!

  3. 初めまして、ミニは持ってますが、カブで、キャンプしてます。

    紛らわしくホンダのクラブマンもあります。

    オームテント欲しいです。

    1. はじめまして!

      ミニ乗り!そしてカブでキャンプ!!
      いいですね~。ホンダのクラブマンも!
      羨ましいです。
      私もキャンプ用にバイクが欲しいのですが、なかなか手が出ません。
      以前は大型に乗ってたのですが、維持が難しくなってしまいました。
      でもまた乗りたいなと思ってます。

      オームテント改造して作ってみたいですが、丸くシームするのが難しそうです。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA