ユニフレームのウェーブレードルはオタマ界の革命児と言っても過言ではない

・・とちょっと大げさすぎるタイトルです。ま、そのくらい気に入ってるって話です。

dsc06513

この波々が便利。

dsc06518

お鍋の縁に引っ掛けて

dsc06519

そのまま蓋を閉じれます。コンボクッカーでもこのとおりです。

ま、厚み分のスキマはあるんですが、最小限。

dsc06523

普通のオタマだとこんな感じですよね。
鍋のフタをするときにオタマの置き場にいつも困ってたので、これで長年のモヤモヤが解決しました(笑)

dsc06514

末端もフックになってて網や棒にぶら下げられます。

別途S時フックとか用意しなくていいのも素敵。

ホントよく考えられてます。

ただこのレードル、キャンプに持って行くにはちょっと大きいかな。長さが33cm。

dsc06515

柳宗理のレードルLと比較しても長いですね。

これのSサイズがあったらキャンプ用に良いんだけどなぁ。

さすがユニフレーム!痒いところに手が届いてる・・・と思ったらミニ太クリックで応援お願いします!

“ユニフレームのウェーブレードルはオタマ界の革命児と言っても過言ではない” への 2 件のフィードバック

  1. こんにちは!

    ユニフレームさん細かいところいいんですよね~
    我が家はドングの先がテーブルにつかない形状になったときに即買いしましたよ♪

    1. ちょwwwさとかつさん!
      このコメント見て胸を撃ち抜かれて買っちゃったじゃないですか~!(笑)
      しかも1000円のものを送料無料にするために余計なものを3000円ほど買うという・・・・罠か、罠なのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA