了見の狭い大人を卒業したい

nordisk

キャンプに限らずですが、何かしらのジャンルの趣味にハマるとその世界で輝いてるブランドに何かしらの気持ちを抱きます。
まず憧れ。そして生まれる所有欲。これは間違いないという安心感。同じものを持つもの同士の仲間意識。

私自身はそんなのにブランドに執着しなくても・・・と、つい否定してしまうのですが、そんな私もスノーピークの商品をたくさん持ってたりするわけで、結局は多くの人に支持されるブランドものは間違いないというところに落ち着きます。

実はキャンプを始めた頃にノルディスクのスーにもの凄い憧れがあったのですが、今ほど普及してなかったという事もあってコットン素材や重さ、積載等に計り知れない不安があり、結局冒険できずに買えませんでした。

今そのノルディスクのテントを多くの人が使ってます。明確なイメージを実現してる先駆者がいるからか憧れにためらいなく手を出せるのが羨ましいような悔しいようなそういうモヤモヤした感じ。

このモヤモヤ・買えなかった悔しい思いを認めたくなくてついつい輝いてるブランドの否定、ひいてはおしゃれキャンパー否定とかしてしまいます。

ダメな大人だ。

ところでこの感じ、実は昔入れ込んでいた音楽でも全く同じのことを感じます。
昔、洋楽・・特にプログレが好きで一生懸命バイトして色々買ってました。田舎だったこともありなかなか視聴できるとこがなくて実際に聞くことも出来ずに書評のレビューだけで悶々として買ったり買わなかったり買えなかったり。
でも今はYouTubeとかiTunesとかで気軽に視聴出来るんですよね。
今洋楽ブームのうちの奥様がそうやって色々聞いて「あれはいいこれはいい」と言ってるのを聞いて、なんだか悔しいようなモヤモヤした気持ち。

・・・同じだ。

これはいかん。我ながら了見の狭い大人になってる気がする。
着実に老害への道を歩んでる。

そんな大人を卒業して度量の広い人間にならねば・・・

好きなものを今の時代に合った形で好きなように楽しんでる人を妬んだり否定したりせず自分も積極的に飛び込んでいきたいですね。

しかし大人を卒業したら結局は老人になるんじゃないか?・・・と本末転倒な事を思ったらミニ太クリックで応援お願いします!

了見の狭い大人を卒業したい” への8件のフィードバック

  1. わかります。音楽の行など自分も一緒で、今の手軽な音楽に抵抗を感じます。
    自分は後先考えず最初に買ったテントがスーなのですが、後の流行で大規模の何とか会などできると〝シロクマ〟という言葉すら変な感じがしてきます。
    ようするに自分はへそ曲がりでしかないと思うのですが、今のところオリジナリティ優先ってことで・・・おおらかでいたいものです。

    1. 多分自分がどれだけそれに対して心血注いだかみたいなところが出ちゃうんですよね。

      「少数だけが知ってる」というのが一番心地よい状況かもしれませんね。

      でも啓蒙するのはその少数だったりする訳で・・・

      ホントおおらかになりたいものです・・・

  2. こんにちは〜。

    自分は流行ってるものとか
    気になり始めると
    わりとすぐに飛びついちゃう方です。
    だから逆に自分がないのかな〜とか
    思うことありますね。
    それでいて同じものを使ってる人たちの
    輪の中に入りたいのに、
    人見知りとかちょっとした天邪鬼な
    ところが顔を出して素直に飛び込めなかったりして、
    自分が嫌になることもよくあります(^_^;)

    そういうとこ変えたいな〜と思う時もありますし、
    このままの自分でいいんだ!と思う時もありますし。

    自己変革を願いながら、
    上手くいかず自己肯定をするの繰り返しですけど、
    自分がどんなに悩んでる時でも
    周りを否定ばっかりしないようには
    気をつけてるつもりです。

    1. いや〜。すぐ飛びつけるって羨ましいです。
      自分はいちいち考える面倒臭いタイプなのでかなり慎重なんですよね。
      なので、ぱーっと飛び込んでる姿が羨まししいです。

      素直に行けるってのはスキルだよなと思います。

      そうそう、否定をしないってのが一番なんですよね。
      自分はついつい否定してしまうのでホント気をつけなければ。。。

  3. こんにちは!

    そうなんです、私も一緒です(;・∀・)

    あれはダメだ、これはイカンと
    自分の狭い了見の中で否定ばかりして
    どんどん自分から視野を狭めていってるのに気付き
    どうにか抜けたいと、いろんな方のブログを見たり、グルキャンしてみたり^^

    「否定」から入らないようにしようと
    最近心がけるようにしています(´-`)

    まずはPPAPから始めますか(爆)

    1. wishさんは常に肯定的なイメージ(笑)

      やはり自分を見つめなおす視点があるんでしょうね。
      ブログのダイエット記事の時もそう思いました。

      あ・・・いかん・・・PPAP・・・乗れない(汗)

  4. 大人を通りすぎてすでに老人!
    そんな老人になりたいです。
    (どんなコメント)

    私はなにも考えてないから
    やっぱり色々考えててすごいなあ、と思いました✨

    1. 一緒におおらかな愛される老人になりましょう!

      そうそう、愛されるおばあちゃんって、経験的になんでも知ってるんだけど、若い子の言うことは知っても「へ〜そうなんだ〜」って言うそうです。

      >「やっぱり色々考えててすごいなあ」

      こんなメンドくさい記事に対してコメント、カキコさんはそんなおばあちゃんの素質ありです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA