AUROワックスでBEEFテーブルを保護してみた

先日の道志キャンプでkabawoさんにAUROワックス塗布体験をさせていただきました。

体験させていただいたのはAUROワックスのNr.171樹脂ハードワックスです。
2年ほど毎日使い続けてるBEEFテーブルのメンテナンスをしてみます。

ウェスにつけて・・・

天板に塗り塗り。

うん、自然な感じですね。

足にもぬりぬり。
上半分が塗ったところです。
素材感にほぼ影響ありません。
いい感じ。
AURO Nr.171は水回りの保護に最適ということで、アウトドアにはぴったりですね。

道志の冷たい水もきっちり弾いてくれました。
これでまたしばらく安心です。

100%天然原料のAUROワックス。
これくらいの量があればキャンプで使う木製道具全部のメンテナンスできますね。

“AUROワックスでBEEFテーブルを保護してみた” への 2 件のフィードバック

  1. 僕は、尾山製材の木工用蜜蝋クリームを使っているのですが、こちらのAUROワックスも原材料は同じ蜜蝋のようですが、ハードとなってるのは粘性?それとも仕上がりなのですかね?気になります。
    0.1缶をポチってみました。

    1. > culuzouさん
      見た感じの印象だと尾山製材の木工用蜜蝋クリームは似た商品ぽいですね。
      ハードは単純に液体ワックスに対しての固体ワックスであるととらえました。
      AUROの他の商品はほぼ液体みたいですし。
      どうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA