あさりリベンジ

あさりの砂抜きリベンジしてみました。
整体師キャンパーさんに教えてもらった、ぬるま湯で砂抜きするという方法を試してみました。
調べると、「あさりの50度洗い」という方法があるみたいです。
ぬるま湯というにはちょっと高温な気がしますが早速50度のお湯で試してみました。
すると・・・

うわ!いきなり出た!
この間1分位。
これを10分ほど放置して洗って調理してみました。

見た目は美味しそう。
まぁ見た目に砂関係ないしね。
実食!!
ガリッ!
・・・
砂残ってるじゃん・・・失敗。
・・・というわけで失敗の原因を調査。
そもそも、この50度洗い法、あさりが失神して出てくるらしいです。
そう、あさりの活動が活発になるわけじゃない。
ということは長くつけてても無意味っぽい。
50度というぬるま湯にしては高い温度でダシも出てしまいそうです。
じゃあこの方法はダメなのか?
さらに調べると驚愕の事実を発見。
あさりって、体の中に砂を取り込んでるわけじゃないらしい!(※目がテン調べ)
あさりの砂って、身の表面にくっついてるらしいです。
呼吸して表面の砂が落とされるというのが砂抜きの基本原理みたいです。
・・ということは・・・
「50度洗い」って、「50度」だけが重要なわけではなく、「洗う」ことに意味があるのか。
失神してるから貝が開いたまま洗えるというのが最大のポイントみたいです。
次は別の正攻法に挑戦しようと思っていましたが、もう一度「50度洗い」にリベンジしてみたいと思います。
今度こそ・・・

あさりリベンジ” への10件のフィードバック

  1. おはようございます
    昨日のコメには書き込みませんでしたが 大きめの入れ物に入れて
    海水(塩水)に浸して一晩 新聞紙などをかぶせて置いてたのを思い出しました
    朝起きると新聞紙がビショビショになるくらい 潮を吹いてましたよ
    口を開かせるのがコツならば この方法はどうでしょう♪

    1. > はやてさん
      ここ数日いろいろ試してみたのですが、やっぱり王道の砂抜きが一番良さそうです。
      活発に活動させるのがやはり一番ですね〜!
      あさりが旬なうちにまた試したいと思います。
      いろいろありがとうございます!

  2. あれ?50度??かなり熱いっすね〜(笑)
    でもネットみたら皆さん50度でやってるのね、、、
    うちはテキトーですが、かなりぬるま湯ですよ。
    50度だと確かに出汁出ちゃいそう、、、(笑)

    1. > 整体師キャンパーさん
      50度法は、かなり特殊な技みたいですね。
      ほんとすぐ出てきて面白いんですが、でもなんか違う気もします。
      二回試したんですがイマイチ砂が残るんですよね。
      ダシも出ちゃいそうですし・・・
      今度は20度位でがんばってみます(笑)

    1. > だゆさん
      お湯恐怖症としてはちょっとドキドキです(笑)
      二度ほど試したんですが、今のところあまりうまくいった感じじゃないんですよね。
      これがうまくいくとかなり楽なんでなんとかモノにしたいのですが・・・

  3. よく、体温計の目盛が42度までなのはそれ以上高いとタンパク質が熱変性して死ぬからだと言われますが、調べてみるともう少し高くても大丈夫のようですね。
    50度のお湯に付けた後、アサリが生きているのか興味あります。

    1. > 大空を自由に舞う小鳥さん
      50度のお湯につけた後、塩水に入れてみたところ、しばらくするともぞもぞ動いてる感じの個体となんかぐったりしたままの個体に別れたので、やっぱりそれなりにダメージ受けてそうですね。
      ただどっちも調理すると貝は開くので、新鮮さを失うほどではないのかもしれません・・・

  4. 50℃の塩水ですよね・・・?
    普通のお湯でやっちゃうと死んじゃいますが、塩水でも50℃なら茹っちゃいそうですね(^o^;
    砂抜きに使う塩水の濃度が低いのではないでしょうか・・・?
    海水の塩分濃度が約3~4%ありますので、水1リットルに対して食塩30g~40g(大匙2~3)を使って作ります。
    舐めるとめちゃめちゃ塩っぱくて、こんなん飲めない!!ってくらいがちょうど良いです。
    ボールにあさりを放り込んで、新聞紙か何かで覆ってあげて、塩水に3時間浸しておけば大分吐き出すと思いますが…
    その後、流水でゴリゴリあさりを洗ってぬめりを取り、バットに並べて新聞紙で覆って冷蔵庫で2時間(塩抜き)。
    美味しいアサリ料理にしてあげてくださいね~♪

    1. > もやしさん
      いろいろ調べてみたのですが、50度のただのお湯のようです。
      この方法、どうも塩の濃度とか関係なしの強制技みたいなところがあるので生死が微妙な感じではあります。
      やっぱり濃度が低いというのが一番ありえそうです。
      その濃度ではやっぱりやってなかっと思います。
      今度はその濃度で処理してみます!
      あと最後に常温で6時間放置すると美味しくなるらしいというのを先日の記事で教えてもらいましたので、それも試してみたいと思います!
      いろいろありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA