ミニ太の鍵をリペアしました

ちょっと前からミニ太の鍵がヤバイことになってました。

ビニールテープのマスクを取ると・・・

穴が!
プラスチックの本体が完全に劣化してボロボロになってます。
ロック解除用のボタンは加工して使えるようにしてたのですが、ロック用のボタンも押せなくなったのでさすがにこのまま使い続けるのは諦めました。
でもディーラーで交換をお願いするとなんと4万もかかるとか。
高すぎる・・・
そんなわけで外装(キーシェル)だけ自力交換することにしました。

キーシェルはなんでも売ってるamazonに売ってました。
600円くらいから1500円位まで何種類か。
見た目が一番オリジナルに近い1000円位のを買いました。

まずオリジナルのキーをバラします。
10年以上使ってるのに電池がなくならないなぁと思ったら充電式で運転するたび充電されてるんだそうです。
基盤は簡単に取れますがキー自体はピンが打ち込んであって簡単に取れません。

ドリルで穴を開けてピンを取り出します。

分解できました。

イモビライザーチップも外して付け替えます。

基盤も移植して。。。

完成!
動作も問題なし。
お手頃価格で修理できて良かった。
あ、そういえばもうすぐ車検かぁ。
怖いなぁ・・・

カテゴリー: MINI

ミニ太の鍵をリペアしました” への2件のフィードバック

  1. なんでもできるんですねぇ(^o^)凄い!
    部品売ってるamazonもやりますね。
    失礼かもしれませんが、ミニ太くんにイモビがついてるのが意外でした^^;
    勝手に古いイメージ持ち過ぎですね。。。

    1. > ちえりゅうパパさん
      あはは、めっちゃ簡単な作業でしたよ〜!
      ググって一発でした(笑)
      ミニ太、こう見えて最新技術の粋を集めて作られてるのです。10年前のですが(笑)
      でもそういうとこが困りものなんですよね・・・ディーラーしか手が出ないので・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA