諦めなければ積載の可能性はまだまだ広がる

GWキャンプの時のラゲッジはこんな感じでした。

ストーブを持って行きつつも、途中で買い出しに行きたくないのでクーラーボックスも持って行くという欲張り仕様。

そんな訳でいつもはラゲッジに載せるスノピの焚き火台はどう頑張っても乗りません。

以前ならきっぱり諦めてたのですが、久々のファミキャンなのでなんとか持って行きたい!

色々眺めて一箇所いけそうな場所を発見しました。

助手席の足元。

ぴったりじゃないか。

今回はこの上にダンボールを敷いて、直接踏んで汚れないようにして運びました。

ちなみに助手席の横にはパイルドライバーが載ってます。

コンパクトカーの積載はいかに安全に居住スペースを削るかだよね。

キャンプ場に着く前に薪も買ったので最終的にはこんな感じの助手席になりました。

これは流石に家からは無理(笑)

我家のミニ太にはかなり工夫して積載をしてるのですが、まだたまに新しい積載の可能性を発見します。

諦めなければ積載の可能性はまだまだ広がる・・かも?

積載の可能性は無限大!・・・と思ったらミニ太クリックで応援お願いします!

諦めなければ積載の可能性はまだまだ広がる” への6件のフィードバック

  1. こんにちは!

    我が家も積載はテトリスの様に行いますが、子供達はラジコン・サッカーボール・ブレイブボード・そり等
    とっても嵩張る物を持って行きたがります・・・(^^;;

    ちなみにウチのパイルドライバーは後部座席です。

    1. 出張してましたのですっかり返信が遅くなっちゃいました。
      そうそう、かさばるものを持って行きたがりますよね~。
      ただ我家はその手のかさばるものは私の審査を通過しなければ積載出来ません(笑)

      後部座席は子どもたちからクレームが上がりがちなので最近あまり活用できなくなってきました・・・

  2. 先日、空豆号で初のファミキャンしてきたんですが、ちょっとずつこのクルマの積載のクセがつかめてきたところだったので、なんとか3人分の荷物載せることができました。まだ屋根上は使ってないし、まだ諦める/諦めないというレベルにまでは達していませんが、いつかは『夏休みに長期のキャンプ旅』とか、『冬キャン装備で連泊』とか、積載的に高負荷のお出かけをしてみたいな、と思ってます。

    きたる日に向けて、荷物が載りそうな隙間、探しておきたいと思います

    1. 空豆号の積載力はどうなんでしょう?以前のミニよりはかなり大きくなってそうではありますが、ルーフボックスが無いとかなり工夫が必要そうですね~。

      もし天井を使うならクラシックなルーフラックとかになるのでしょうか?
      ルーフラックに満載な感じの絵もみたいな~。

  3. 積載って結構楽しいです。
    CAMP自体よりも達成感と満足感を感じてしまう今日この頃

    1. 積載楽しいですよね~!
      特に新しい発見があると盛り上がります。

      でも最近はミニ太のお疲れ具合が心配であんまり載せちゃいけないのかも・・・とか思って悩みます。
      どうするかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA